オリックス銀行のカードローンで気になる「総量規制」って何?

受け取り側のファクタリングのメリットとデメリットについて

Written on 2016年9月14日   By   in デメリット, ファクタリング, メリット

ファクタリングと言うサービスは売掛債権をすぐに現金化すると言う点が大きなメリットとなっています。サービスを利用する側にとってはすぐに資金を調達する手段として非常に役立つ仕組みとなっています。特に中小規模のビジネスを行っている事業所の場合には、売り上げがあっても入金までに時間がかかると言う事情で資金不足に陥るケースが少なくありません。そのような問題を解決する方法としてファクタリングは有効な手段なのです。
しかしながらファクタリングにもデメリットはあります。それは収入の目減りです。売掛金の買取のような取引を行うことになるのですが、額面通りに買取が行われる事はありません。どのように高い信用があったとしても一定の割合で手数料がかかるのが基本です。相手の信用が低い場合には目減り幅も大きくなる仕組みになっていますので、収入の低下については理解しておかなければなりません。
しかしながら資金繰りに失敗し不渡りを起こしてしまえば倒産となります。場合によっては黒字倒産の可能性もあるため、ファクタリングによってこのような問題を回避できるのは1つのメリットなのです。このようなサービスは銀行などの金融機関からつなぎ融資を受けられなかった場合には特に役立ちます。業績が旅行であれば融資を受ける事は可能ですが、手続きには時間がかかるのが一般的です。そのため銀行などの金融機関では間に合わないケースがある。豊田タイミングでの対応もファクタリングであれば可能です。

, ,