オリックス銀行のカードローンで気になる「総量規制」って何?

自由に選べるバンクイックの返済日

Written on 2016年11月18日   By   in バンクイック

いつを返済日にするのかはしっかりと検討しなくてはなりません。
バンクイックの返済日は契約時に好きな日程を決めることができます。
初めに決めた日程を変えることができないものではありません。
第二リテールアカウント支店に連絡することで返済日の変更はできますのでご安心ください。

返済日はどのように決めようとお考えでしょうか。
給料日は軸にした方がよいことは間違いなさそうです。
一般的にはいつごろを返済日にして入りしているのかをみてみましょう。

自動引き落としを選択しているときには給料日当日を返済日にしている方が多くなっています。
もちろん公共料金などの引き落としも外すことができませんが、遅延損害金の発生するキャッシングの返済は最優先に考えておきたいところです。
それだけではなく、キャッシングの返済が遅れることは余計な損害金を支払うことだけではなく個人信用情報機関にもその情報が掲載されますので今後の借り入れやローンなどの審査にも大きく影響することになります。
確実な返済を考えているのであればやはり給料日当日の自動引き落としは返済忘れがなく安心です。

atmからの返済を考えているときには給料日当日ではない方が安心でしょう。
当日に確実に返済に向かうことができるかと言えば難しいかもしれません。
2、3日の余裕を見て設定しておきましょう。
それによって当日に万が一のことがあったとしてもバンクイックへの返済が遅れることはないでしょう。
バンクイック|WEB完結でお金を借りるはこちら

 

借入残高と金利、借り入れ日数の関係で考えるプロミスの利息

Written on 2016年10月6日   By   in プロミス

プロミスで借り入れをすると金利が17.8%となります。
これは上限金利となっており下限は4.5%になりますが、初めての借り入れである場合には上限金利が適用されると考えてよいでしょう。
むしろ金利が低いことを想定して計画を練ってしまえば失敗する恐れがあります。
どの金利が適用されてもいいように常に上限金利が適用されるとして計画を立てておくことが無難です。

金利がどのように使われるのかご存知でしょうか。
借入残高と金利によって一日の利息がわかります。
借入日数に応じて利息は変わりますので借入期間が短ければそれだけ利息を抑えることができることとなります。
実際にどのように計算をするのかをご紹介しましょう。
借り入れ残高×金利÷365日、これが一日分の利息の計算式となります。
現在借入残高があるのであれば計算してみるとよいでしょう。
例えば10万円が借りい残高であった場合です。

10万円×17.8%÷365日、これで計算をしてみると一日分の利息は48.767円になりますので1円未満は切り捨てとなり48円になります。
一日分としては48円になりますが、48円で借り入れ日数の30日分として計算するのではありません。
そうすると1、440円になりますが、借入残高×金利÷365日×借り入れ日数として計算しますので、1、463円となります。
一日分として計算した時に切り捨てた1円未満がここで影響することとなります。
小さな差ではありますが、計算はこのようになされているのだということを理解しておくことは悪いことではないはずです。

 

即日カードローンは急な飲み会に便利

Written on 2016年9月29日   By   in カードローン

仕事仲間などとの急な飲み会に誘われることがあると思いますが、給料日前などであったときには資金不足に陥っている可能性があります。急な飲み会に誘われたときに資金があまりない状態のときには、即日カードローンを利用することがおすすめです。
知名度の高い大手の消費者金融では即日融資に対応してくれるカードローンがありますので、申込みをしておくことでその日のうちにすばやく借り入れが可能になります。現在ではインターネットを利用して即日カードローンが可能なサービスがありますので、事前に申込みをしておくことで、消費者金融の店舗や自動契約機まで行かなくても借り入れができるようになっています。振込み先の銀行口座を指定しておくことで、パソコンやスマートフォンを使えばネット上で振込み融資の依頼ができます。平日の15時ごろまでに振込み融資の手続きを行っておけば、即日カードローンおすすめローンを受けられますので、急に資金が必要な事態が起きても対応できます。
カードを受け取っている場合には、消費者金融と提携をしている銀行やコンビニATMを使って即日カードローンができます。大手の消費者金融であれば、コンビニATMと提携をしていますので、日本全国どこの地域であっても使いやすくて便利です。審査スピードが速いことで評判の消費者金融に申込みをしておけば、最短30分ほどの時間で審査結果が出ますので、すぐに資金が手に入ります。店舗や自動契約機に来店して契約をしようと考えているときには、営業時間について確認しておく必要があります。

,  

受け取り側のファクタリングのメリットとデメリットについて

Written on 2016年9月14日   By   in デメリット, ファクタリング, メリット

ファクタリングと言うサービスは売掛債権をすぐに現金化すると言う点が大きなメリットとなっています。サービスを利用する側にとってはすぐに資金を調達する手段として非常に役立つ仕組みとなっています。特に中小規模のビジネスを行っている事業所の場合には、売り上げがあっても入金までに時間がかかると言う事情で資金不足に陥るケースが少なくありません。そのような問題を解決する方法としてファクタリングは有効な手段なのです。
しかしながらファクタリングにもデメリットはあります。それは収入の目減りです。売掛金の買取のような取引を行うことになるのですが、額面通りに買取が行われる事はありません。どのように高い信用があったとしても一定の割合で手数料がかかるのが基本です。相手の信用が低い場合には目減り幅も大きくなる仕組みになっていますので、収入の低下については理解しておかなければなりません。
しかしながら資金繰りに失敗し不渡りを起こしてしまえば倒産となります。場合によっては黒字倒産の可能性もあるため、ファクタリングによってこのような問題を回避できるのは1つのメリットなのです。このようなサービスは銀行などの金融機関からつなぎ融資を受けられなかった場合には特に役立ちます。業績が旅行であれば融資を受ける事は可能ですが、手続きには時間がかかるのが一般的です。そのため銀行などの金融機関では間に合わないケースがある。豊田タイミングでの対応もファクタリングであれば可能です。

, ,